やみなべ日記・改

nanaoakira.exblog.jp

オッドアイの猫と料理と写真、「いさぎよくマイペース」をめざす小説書きの日常

七月雑感

■梅雨冷え→突然の猛暑→ふたたび冷えるのくり返しでバテバテのぐたぐた。
 あえて鍋料理であったまってみる。効果有り。

■そうこうするうち唐突に猛暑。しかも豪快なまでに真っ赤な夕焼け……もしかして梅雨明けじゃない? などと言い合っていたら翌9日、ホントに梅雨明け宣言が出た。うそー。早すぎるよー。

■連日の猛暑に負けて、早々と一階に仕事場移動。

■オリヅルランがよく咲く。

c0104249_15131979.jpg

■ヤマキチョウ目撃。

■炎天下、不慣れなつっかけで歩いて両足くじく。われながらびっくりするほど判断力が低下しまくっている。用心、用心。

■中旬。梅、完熟。思いきって収穫。ついでに台風が近づいていたので、軒に当たっていた枝を剪定する。
 それだけですっかりバテてしまい、ジャムにしたのはやっと二日後。
 でも、やって良かった!
 今年の梅は当たり年らしく、ここ三年ほどで最高の出来になりました。

■今年初、ミンミンゼミ。

■新ショウガのはちみつ酢漬けにはまる。

1 保存用のびんに二割ほど、はちみつ(なんでも良い)を入れておく
2 よく洗って水気をふき、刻んだ新ショウガを1のびんにぎゅうぎゅうつめこむ
3 軽く沸騰させた穀物酢を2の上からそそぎ、なるべくいっぱいまで入れる
4 酢が熱いうちにふたを閉め、さかさまにしてふって、はちみつを溶かす
5 すっかり冷えたら、冷蔵庫で保存

 はちみつ、酢の割合は適当でいいし、ちゃんと日持ちするし、なにより暑さ負けに効く感じ。気に入ってしまい、毎朝、ヨーグルトに入れて食べてます。>意外と違和感ナシ

■月末が近づき、また夏、ひとやすみの気配。
 ずーっと猛暑続きよりは助かる、と思いつつ、あまりなにごともはかどらず。
 うぬぬぬぬ。



■追記■
yukaさん、新しょうがハチミツ漬け、おいしくできたとのこと良かったです☆(^-^)
メールに返信したらなぜかはじかれてしまったので、ブログで返信でした~
[PR]
# by nanaoakira | 2011-09-14 15:13 | 日常のいろいろ

梅ジャムin2011

 なにかとバテ気味で、今年はつくらないでおこうと思ったのに……
 早い梅雨明け&かんかん照りのおかげで見るからにおいしそーな実がなっているのと、七月だというのに大型の強い台風が近づき、軒に触れている枝を切らなければならない……という事情もあって……
 えいやと収穫。
 家人が調理作業を手伝ってくれるというのでやっぱり、ジャムにすることに。(みんな食いしん坊なのさー)

c0104249_1583581.jpg

 今年の紅梅は例年になく実がたっぷりで、とりやすいところだけとって1.3㎏! しかも猛暑で完熟していいにおい……

c0104249_1585246.jpg

 一方、八重梅の方は、去年、雪折れで大きな枝を一本なくしてしまったせいか少なめで、400グラムちょい。

c0104249_1592199.jpg

 足して1.7㎏超え! なんの手入れもしてないのに、豊作だよ~

 というわけでまずあく抜き。

c0104249_15933100.jpg

 土鍋でも水面からあふれ気味のたっぷり紅梅と、

c0104249_1595217.jpg

 やや少なめだけどよく熟れた八重梅をそれぞれ3~4回、沸騰させないぎりぎりで(煮くずれてしまうので)ゆでこぼしてから、ざるにあけ、木じゃくしでつぶして種抜き。

 この「種抜き」がちょっと大変なのだけれど、手伝ってもらったので今回は楽勝でした(笑)。木じゃくしでつぶしきれない堅い皮とかも、例年どおり刻んで入れ、分量の砂糖を少しずつ入れつつホーロー鍋で煮込むこと、四十分。

c0104249_15101569.jpg

 今年は少し多めにできました☆

 今回ぜんぜん焦がさなかったのに、紅梅が多かったおかげかできたてから色がしっとり濃厚で、しかも明かりに透かしてみると、

c0104249_15103169.jpg

 くっきりはっきり、紅(あか)い!

 八重梅の方が多い年のジャムはアンズ色で、酸味ひかえめ+まろやか。
 一方、紅梅が多い年のジャムは紅く、きりっとした野性味と華があります。

 自家製ジャムは手間はかかるけど、ちょっと楽しい。
 つくって良かった~。
[PR]
# by nanaoakira | 2011-09-14 15:11 |

五月~六月

■桜からはじまった五月。
 出先で、みごとな桜吹雪に遭遇。つい、花びらをひろう。

 ノートにはさんでおいて忘れていたら、一週間で押し花っぽくなった。

c0104249_1565432.jpg

c0104249_1565937.jpg

 春の名残。

■楽に息できてるか、ときどき確かめるのは大事かも。

■花粉症かと思ったら、カゼ。

■五月半ば過ぎ。今年初の雷鳴が轟く。最低気温、5℃近辺。
 シロが寒がって甘えん坊になる。

■五月二十日。
 日中ぐっと気温があがり、ホトトギス、カッコーが初鳴き。
 ウスバシロチョウもちらほら。
 翌日、キイロスズメバチの女王蜂が屋内に迷いこんできたので、退治。

■五月が終わらないうちにはやくも梅雨入り。寒い。
 なのに月末、セミが鳴き始める。

c0104249_1571619.jpg

■六月。雑草ぼうぼう。
 見かねて草むしりしたら、たった三十分の間にブヨにさされる。

■六月下旬。暑い日が続き、ついに真夏日。梅雨、行方不明。

■手羽先トマト煮、焦がしかけてあせる。あ、そういえば「あせる」も「焦」だ。

■風呂場そうじ用のデッキブラシのクビがごそっともげる。
 みたら、かびにやられてぼろぼろだった。びっくり。

■六月二十五日。
 アサギマダラ目撃。
 となりの地区でニホンザルの目撃情報。このへんでは初めて!

 同日、シロのダンボール城、リニューアル。初、ひぐらしの声。

■びっくりするほど暑い六月末。
 夜、ヨタカが飛んでいくキョンキョンという声。
[PR]
# by nanaoakira | 2011-09-14 15:07 | 日常のいろいろ

オニグルミ■その後

c0104249_14574560.jpg
ビロードのような花びらは、

c0104249_14575863.jpg
花粉もそうでないものも、よくくっつくようです。

c0104249_14581292.jpg
花房は必ずしも陽射しをめざすわけではなく、日によって、右に傾いたり、左に傾いたり。風の当たり具合で変わるのか、ランダムなのか、最後までよくわかりませんでした。

c0104249_14582765.jpg
やがて……

c0104249_14585099.jpg
花の根もとがもれなくふくらんできて、

c0104249_1459238.jpg
クルミのもとのできあがり。

今年も秋にはたくさん、実が落ちてきそうです。
[PR]
# by nanaoakira | 2011-09-14 15:02 | 花便り

花模様■五月4

c0104249_1456789.jpg

c0104249_14561377.jpg

c0104249_14561928.jpg

c0104249_14562560.jpg

c0104249_14563060.jpg

c0104249_14563654.jpg

[PR]
# by nanaoakira | 2011-09-14 14:57 | すなっぷ・あるばむ

花模様■五月3

c0104249_14545939.jpg

c0104249_1455451.jpg

c0104249_1455945.jpg

c0104249_14551438.jpg

[PR]
# by nanaoakira | 2011-09-14 14:55 | すなっぷ・あるばむ